車のローン返済期間中は、売ることはできない?!

意外に思われるかも知れませんが、車のローン返済期間中は、クルマそれ自体が担保の役割をしています。つまり、こうしたローン返済中の車を売る時には、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。

ほとんどの買取業者では、買取額の中からローン完済分をたて替えてくれるのです。

同時に、所有権を移す作業も業者が行ってくれるのです。

ご自身は、買取額とローン未払い分との差額によって業者に残りの金額を支払うか、差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。

いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。


最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。何を優先するかは本人次第ですが、年式なりの状態の良し悪しで、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。

私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけて貰いました。


その結果、買取のほうがダントツで高かったんです。


30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、早々に新車を購入しました。


ローンは利息がつくので、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)金を入れて安く済んで良かっ立と思います。

下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。




買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せはよくあります。




実際、夫名義(妻)、親名義(子)、兄名義(弟)などは多いですからね。


車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば代理人契約という形で売却できます。


記入要件がありますから、ネットでダウンロードしたらいいですよ。車の名義が金融会社になっているときは、勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。

ローンを返済し終えて名義を変更する必要があります。どの車種なのか、そして時期によっても違ってきますが、業者に買い取って貰う車が外車だった場合は納得のいくような査定額にならないことが頻繁にあります。



外車を買取に出すときには、買い取っている車が外車だけだという業者か買取業者の中でも、外車の買取に力を入れているところへ査定依頼に出すことが大切です。

そして、大切なのは、買取業者数社に査定して貰うことです。パソコンでもスマホでも、「車査定 相場」で検索すると、大変な数の一括検索ホームページがヒットします。


査定相場を一覧表でチェックできる複数のホームページがあります。


自分の車の買取価格を高くしたい人にとっては、便利の一言に尽きます。

ただ、詐欺の一歩手前のことを行っている業者はなくなっていません。



口コミなどを丸ごと信じてはいけません。慎重に調べてください。

車を所有するほとんどの方はご存知だと思いますが、平成17年から自動車リサイクル法が実施されていますので、多くの車の所有者が車の購入時に自動車リサイクル料金を納めているのではないでしょうか。既にリサイクル料金を支払っている車両を買い取って貰う際に、買取業者からリサイクル料金に近い金額を受け取れます。返された金額が、査定額とは別にあつかわれるのか、買取額の中にまとめられているのかどうかは、買取業者によっても違いますのでしっかりと確認してから、売買契約を結ぶようにしてください。現物査定を受ける場合、タイヤの損傷や摩耗などで買取条件を変えられるのでタイヤは摩耗していない方が高い評価を得られるといえますが、損傷の激しいタイヤだっ立としても、あえてタイヤ交換はしなくていいでしょう。


交換のコストは査定額アップに見合いません。



 

>>町田市で愛車の最高額を知りたい方はこちら!へ戻る