自動車の二重査定トラブルとは?!

二重査定ってなに?具体的なトラブルをご紹介!

 

自動車を売却する場合には、買い取り業者やリーダーにお願いをしてどれぐらいの金額で売却できるかを判断してもらえます。

 

このとき出すのが、査定金額と呼ばれるものになります。この金額は、業者によって若干異なるもののおおむね相場になっていることがほとんどです。

 

ところが、査定をしてもらう場合でもトラブルが起こることも考えられるでしょう。その一つが、二重査定と呼ばれるものになり最初に査定をして金額を出してもらい契約をした後に減額されることをいます。

 

どのような場面に二重査定が問題になるかといえば、最初に自動車を買い取った時にはその自動車に瑕疵ガールことがわからず業者は買い取ってきましたが、
後になって自動車の会社の方で点検をしているうちに実は瑕疵が発見されて減額されるといったものです。

 

例えば最初に100万円の金額で査定額が出ましたが売り主の方もその金額で納得していて売却したのに、
後になり瑕疵が発見されてそこから20万円分引くことになったとします。そうすると売り主としては80万円で売却することになりますが、もともとそれだけの金額ならば売却しなかったと心の中で思っていたとすれば、解約をするしかありません。

 

ですが解約をすると違約金がとらえてしまう場合があります。単なる査定の場合だけであればそれほど問題がありませんが、
査定をした後契約をした場合に後から減額されるケースはトラブルになりやすいわけです。実際にどれぐらい減額されるかを事例によりますが、例えば事故車などの場合には査定の段階で分からないこともあります。

 

パーツの一部分が壊れていただけならばともかく、車体自体が曲がっていた場合などはそもそも売り主側として報告義務がありますのでそれを隠したのも問題になります。

 

ですが売り主はその事実を知らなかったとすれば、売り主にとっては酷な話となってしまうでしょう。

 

これを防ぐためには、契約の段階で2回目の査定でキャンセルができないなどと記入されている場合は少し怪しい業者だと考えてもよいでしょう。

 

また、キャンセルすることができても違約金を取られるような場合もありますので、そのような事例もあらかじめチェックしておきましょう。

 

これを防ぐためには、あらかじめ業者にお願いをして口コミや評判があまり良くない業者に依頼しないことが重要になります。

 

結果的に、時間はかかりますがより質の高い業者を選ぶことで、満足した契約をすることができるでしょう。

 

 

>>町田市で愛車の最高額を知りたい方はこちら!へ戻る