MENU

車種によっても査定額に差はありますが、特に人気の高い車種は買取でも満足いく査定結果になることが多いですね。代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN−BOXや日産のセレナといった車種は高い査定額が付きやすい、人気車種だと言えます。


仮に、買った時点で人気の高い車種であっても、査定の段階で既に、人気が落ちているような場合、対称的に買取額が下がってしまう傾向にあるようです。インターネットや電話で申し込めば、その日のうちに査定してくれる買取業者があります。事情があって、早急に車を買い取ってほしい人にとっては便利ですが、即日査定を前面に出すと後で何かとトラブルの原因にもなりますので一社だけの査定で安易に売るのは避けましょう。




パソコンでもスマホでも、「車査定 即日」のキーワード検索をして、どんなサービスをする業者があるのか下調べしておき、連絡がつく限り多くの業者と連絡を取る方が賢明です。もし、中古の車を売却するなら考えておきたいのが、メールまたはインターネット上で決められた金額です。


この車の価格が決まるときのありがちなトラブルの引き金です。この値段で落ち着いて中古車業者に連絡し、来てもらっての査定を受けたら、傷などのワケで初めより、安い金額になることがよくあります。ですので、現地査定を受けるときも何ヶ所かの業者を選ぶのがいいでしょう。



古かったり、状態の悪い車の場合は、査定額がつかない事もあります。




具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、カスタム車とか傷みの激しく動かない車、事故車といったものはその多くが、値段が付きません。

買取業者によってはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところもあります。傷みが激しい車についてはそうしたところにお願いするのがお奨めです。2005年1月から車の再資源化に際する問題解決を目的として、自動車リサイクル法が施行されています。


そのため、多くの車が自動車リサイクル法の定めた自動車リサイクル料金を払っているのではないでしょうか。




リサイクル料金を支払った車両を売却する際には、業者からリサイクル料金に近い金額を受け取れます。このリサイクル料金を査定額と別に渡されるのか、あるいは査定料に共にまとめられているのか、しっかりと確認してから、売買契約を結ぶようにしてちょーだい。




Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が意外と多いです。


名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、名義人の方の印鑑証明書と譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人契約という形で売却できます。記入要件がありますので、インターネットでダウンロードすると良いでしょう。自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。


>>車の一括査定で電話がこない方法【※メール希望必須の方へ!】へ戻る